スポンサードリンク

中華航空 - 中華航空について > 中華航空 > 中華航空の歴史

中華航空

中華航空の歴史

中華航空(英語表記:China Air Transport)は日中戦争期(1937〜1945)に日本軍の占領下の地域で運行していた航空会社です。

日中戦争で日本軍は広大な中国の領土を占領しておりましたが、中国大陸での運輸交通手段のうち、鉄道や道路は戦争による被害を受けることが多かった為、同航空による航空輸送は終戦まで、なくてはならない迅速な交通手段として機能していました。

中華航空の前身である恵通航空が1936年に関東軍と冀察政務委員会の合意により合併企業として設立された約2年後に中華民国臨時政府、中華民国維新政府、蒙疆連合委員会の出資を仰いで、1938年12月16日、あらたに「中華航空」として設立されました。

<<リンク | 中華航空 - 中華航空についてトップへ | 中華航空の前身 恵通航空>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。