スポンサードリンク

中華航空 - 中華航空について > 中華航空 > 現在の中華航空

中華航空

現在の中華航空

1959年12月に中華民国空軍の退役軍人らにより設立された中華航空は、中華民国を代表する航空会社となっています。

正式名称は、中国語圏では「中華航空公司」、日本を含めた全世界においては「チャイナエアライン(China Airlines)」と呼ばれています。

日本でも1995年まで「中華航空」を正式名称としていた経緯などから、一部のマスコミからは今でも「中華航空」と呼ばれる事もあります。

機体には中華民国の国花である梅の花びらが大きく描かれています。

<<中華航空の前身 恵通航空 | 中華航空 - 中華航空についてトップへ | 中華航空の日本への乗り入れ>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。