スポンサードリンク

中華航空

中華航空の前身 恵通航空

恵通航空(けいつうこうくう)とは中華民国で短期間存在した航空会社です。

日本の関東軍と冀察政務委員会の合意により、合併企業として、1936年11月7日設立されたのが恵通航空でした。

資本金は400万円で冀察政務委員会と満州航空が出資していました。

そのため、実際には華満合弁企業の形式であったようです。

本社は当初は天津に置かれていましたたが、1938年1月に北京へと移転しました。

航空路として1936年11月17日から天津〜大連線、北京〜錦州線、天津〜承徳線の運航を開始しました。

しかしながら国民政府の指導者であった蒋介石が、冀察政務委員会は日本に屈服したと判断し、中華民国に対する主権侵害と侵略行為であると強く非難したのでした。

その直後の1937年7月に盧溝橋事件が発生し日中戦争の勃発となったのです。

そのため恵通航空を母体として日本の後ろ盾で作られた中華民国臨時政府、中華民国維新政府、蒙疆連合委員会の各政権の出資を仰いで
新たに「中華航空」が設立されたため、恵通航空は発展的解消に至りました。

中華航空

中華航空の歴史

中華航空(英語表記:China Air Transport)は日中戦争期(1937〜1945)に日本軍の占領下の地域で運行していた航空会社です。

日中戦争で日本軍は広大な中国の領土を占領しておりましたが、中国大陸での運輸交通手段のうち、鉄道や道路は戦争による被害を受けることが多かった為、同航空による航空輸送は終戦まで、なくてはならない迅速な交通手段として機能していました。

中華航空の前身である恵通航空が1936年に関東軍と冀察政務委員会の合意により合併企業として設立された約2年後に中華民国臨時政府、中華民国維新政府、蒙疆連合委員会の出資を仰いで、1938年12月16日、あらたに「中華航空」として設立されました。

中華航空

<< 1 2



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。